特定行為看護師のたけぴーブログ🧚‍♀️

特定行為看護師・パソコン素人

手術室の夜勤業務🌃

こんばんは。

明日は夜勤ということで夜更かし中のたけぴーです。

私の病院の夜勤は17時スタートなので、16時半ごろ出勤します。それまでは自由に過ごせるのでゆっくり寝ようかと思っています。

病棟の夜勤とは違い、情報収集などの前残業はありませんので、ぎりぎりまでのんびりできます。外出したり、家でのんびりしたり、トレーニングしたりと気分によって過ごし方を変えています。

実際に出勤すると、数件の手術が行われているので日勤者と交代し、日勤者をお家に帰してあげます。ほとんどの手術が19時までにはおわりますので、手術を終わらせて翌日の準備等を行います。

ちなみに夜勤は看護師1人と助手1一人になります。緊急手術の際はオンコール当番を呼び出し、看護師2名で対応します。緊急手術が来る確率は、50%くらいと言ったところでしょうか。実際の割合はわかりませんが統計を取って調べてみたいものですね。

もし緊急手術がなければ、使用した器械の洗浄滅菌業務にあたります。翌日、使用するものを優先に滅菌していきます。助手と二人で行うのですが、この作業がまー大変(笑)

眠気と闘いながら、器械のセットを組んだり、包装したりと内職業務をひたすら行います。ひと段落したら、2時間の休憩をとります。その中で仮眠をとりますが、何と言っても起きるのがつらいのと眠いです。

朝を迎えたら、日勤者の手術の準備のお手伝いをして、9時に退勤になります。

緊急手術なく朝を迎えられた時は、なんとも言えない感情です(笑)安心とやっと帰れる嬉しい気持ちでテンションが少しあがります。

夜勤明けは、直帰してひとまず寝ることからスタートです。起きて、コンディションが良ければ活動しますし、疲労が溜まっていたらそのまま家でネットフリックスのコースになります。

16時間も病院にいるので、家に帰れた時は至福のひとときですね。手術室の夜勤は月に2回程度しかありませんので、気合を入れて乗り越えます。

そんな明日の夜勤ですが、緊急手術が入らないことを願いながら出勤まで過ごしていきたいと思います。

夜勤の皆様、頑張りましょう。