特定行為看護師のたけぴーブログ🧚‍♀️

特定行為看護師・パソコン素人

特定行為看護師の日常業務👐

 

takepeee.hatenablog.com

現在、私は特定行為看護師として手術室で業務を行っています。どんな業務をおこなっているのかご紹介します。

特定行為の麻酔科パッケージを修了した私は、主にAライン確保、麻酔器の換気量設定を行っています。

Aラインが必要な症例では、麻酔導入と同時進行でAライン確保にあたります。麻酔科医と特定行為看護師が同時進行で進めることができるので、執刀までの時間短縮が図れます。Aライン確保は、ブラインドでやったり、エコー下でやったりと状況に合わせて行います。ポイントは、しっかり橈骨動脈の拍動を触知できるかが大事になります。まだまだ手技は未熟ですが、今まで医師しかできなかった行為を、自分が担うことができるのでやりがい、達成感はとてもあります。

執刀が始まると、今度は麻酔維持の業務にあたります。特定行為として陽圧換気の設定変更という項目があります。手順書に基づき、自身で換気量の設定変更を行います。気道内圧やEtCO₂、血ガスの結果から必要に応じて換気量を設定しています。麻酔科医が不在になることが多々あるので、緊張感ある中、特定行為看護師としての自覚を鍛えながら業務を行うことができます。

看護師のキャリアアップを考えている方がいましたら、ぜひ特定行為看護師に挑戦してもらいたいと思います。特定行為も多岐にわたるので、興味のあるものを見つけ、日本の医療を支える一員が増えることを願っております。また同じ仲間が増えたら嬉しく思います。