特定行為看護師のたけぴーブログ🧚‍♀️

特定行為看護師・パソコン素人

本当は看護師をやめたいのではなく働く環境を変えたいだけ😏

 看護師の皆様、日頃よりお疲れ様です。近年コロナという状況もあってなおさら、苦労を強いられていると思います。ハードワークに伴い、ストレスも多く抱えてるのではないでしょうか。そんな時、看護師を辞めたいと思うこともあるのでは...。自分の苦労が評価されず、ただただ病院のため、国のために働くことに対して嫌気がさす気持ちも生まれているかもしれません。そんな時は、思い切って視野を広げてみても良いと思います。今回は看護師を辞めたいと考えている方へ向けて、ちょっとした提案ができればなと思い書かせてもらいます。

1.看護師というハードワーク

 まず看護師の業務について簡単に説明します。看護業務はどんな職場でも患者の命というものが付いて回ります。救命、看取り、出産というように命を守る仕事というのはご存じかと思います。そんな命を、日頃から看ている看護師の労働量が想像できますでしょうか。もちろん看護師以外の職業もハードワークであることは承知です。ただ、命を看ているということを考えると、肉体的・身体的疲労が想像以上に伴うのです。そんな医療の最前線で日々奮闘している看護師さんには頭が上がりません。

2.コロナが与える看護師への影響

 歴史的事象と言ってもおかしくないコロナですが、実際にコロナ患者を看ている看護師にどのような影響を与えているかお伝えしていきます。私の病院でもコロナ患者を対応していましたので、それを参考に説明します。コロナが流行した当初は、未知のウィルスということもあって宇宙服のような感染から身を守る防護服に身をつつみ患者さんのお世話にあたっていました。その防護服を着るとロスタイムが生まれたり、とても暑かったりして働く労働環境としてかなり厳しい状況に追いやられました。そして何より自分が感染してしまう可能性、また家族に感染させてしまう可能性があるということが一番の影響だと思います。コロナ患者さんを看ているため、自宅に帰れなかったする人もたくさんいました。自分や家族の命までを脅かされるなか、看護師たちは必死に働いていたのが現状です。そこで対価はどうだったかというと、微々たるものでした。自分の命をさらして働くものの、実際の対価は本当に微々たるものでした。むしろ病院の利益も落ちていたため、ボーナスカットという病院もあったくらいです。

3.視野を広げる

 そんな状況で働き続けることに対して一度自分自身に問いかけしてみてもいいのかもしれません。もちろん日本のためにコロナウィルスから守りたいという信念をもって働くことは大変すばらしいことだと思いますが、一人の人間として歩む人生を考えてみるのも大事かと思います。一人の時間、友人、家族との時間をもっと大切に考えてみてはどうでしょうか。看護師が働く環境は一つだけとは限りません。退職して他の職種にチャレンジするのも良いですし、転職やフリーランスになるのも良いかと思います。大事なのは自分に素直になるということ。もう少し自由になってみてもいいかもしれません。

4.いざ退職

 実際に私も数年前に看護師やめ、1年間海外で生活を送りました。一度フリーになると気持ちに余裕ができ、「次に働く際は自分を優先して働こう」と強く思うようになりました。退職という言葉がネガティブなワードに聞こえてしまいますが、働く環境を変えれば自分の求めているものに出会えるかもしれません。とは言いつつ、実際私は、再び病院に勤務しております。「なんだよ」と思われるかもしれませんが、一度看護師を離れたことで、看護師の見え方が変わりましたし、現在の働く環境としてはかなり自由度があがりました。

 看護師さんの多くが退職しても、再び看護師として働くことを選んでいるのが現状にあることから、看護師を辞めたいのではなくて、働く環境を変えたいということなのかもしれません。一度離れてみないとわからないこともありますので、視野を広げる準備をしてみてはどうでしょう。

5.近年の看護師の働き方

 最後に近年における看護師としての働き方をご紹介します。転職はもちろんですが、最近では医師をはじめ、医療従事者が不足している現状から、自宅が療養の場になっている傾向にあります。そこで今後活躍するのが、訪問看護師またはフリーランス看護師による自宅看護です。看護師が起こす事業としてこの2つが近年では主流になっています。病院勤務以外にもいろんな働き方があるということを知ってもらえたらと思います。

 

 職場環境に悩んでいる看護師はたくさんいるかと思いますが、視野を広げてみるともっと自由に働ける気がしませんか。医療現場の空気に飲まれず、自分をもっと大事にしていきましょう。こんな時代だからこそ、自分の自由を求めて働いてもいいのではないでしょうか。