特定行為看護師のたけぴーブログ🧚‍♀️

特定行為看護師・パソコン素人

看護師退職。

看護師がつらくなって、やめたいと思ったことありませんか。そんな時、違う生活を送ってみたいと思う方は結構いるんではないでしょうか。私は、看護師の世界から一度離れたいと強く思い、語学留学目的でフィリピンやオーストラリアに行って生活をがらりと変えました。今回は私が看護師退職に至った経緯、退職した結果等を書いていきます。看護師を一度退職したいと考えている方の後押しになればうれしいです。

1.看護師退職

皆さんご存じの通り、看護師ってハードワークですよね。何年も続けていると「本当に人生このままでいいのか。」と思うようになったりしませんか。そうは思うものの、退職に踏み切るのも相当な勇気がいります。そこで皆さんに考えてもらいたいのは、人生ってなんのためにということです。もちろん看護師という職業はとても素晴らしいです。人の命を救うお手伝いができる仕事は本当に立派だと思います。ただ、自分の命までも削る必要はないと思います。もし、本当にしんどくなって、体調や精神面を壊すくらいだった一度離れてみてもいいんじゃないかと思います。やりがいをもって頑張れる方が全員ではないと思いますので、一度自分に正直になってみてはどうでしょうか。私も仕事に追われる日々に疲れ、悩んだ結果退職をしました。

2.退職したきっかけ

先ほども書きましたが、自分を最優先にしたいと強く思ったのがきっかけで退職を考えるようになりました。また周囲に海外へ出た方が多くいたので、その生活へのあこがれを抱くようになったのがきっかけです。さらには、看護師のメリットでもある再就職が割と容易であるということが、心の安心材料としてありました。ハードワークを送る日々につかれた私は、とても明るい気持ちで退職へと踏み切ることができました。

3.退職決定後の周囲の反応

意外と気にしている方もいる方と思います。退職を決めたとたん、いじめられたり、業務が厳しくなったりすんじゃないかと。実際にそういうことはありませんでした。以外と自分が思っているほど、周囲は興味がないみたいです。むしろ明るい退職なら、次の活動に対し応援してくれる人がいるくらいです。万が一、いじめられたりしても自分の決めた道に進んでると思ったら、わくわくしますよね。

4.退職した結果

最高(笑)退職日の帰り道はほんとに気分が晴ればれしてスキップしたくなるほどでした。私の場合は生活してみたかった海外の目標もあったので、本当に人生を満喫してるような気もちになりました。そんな海外生活も1年過ごすことができて人間的にも大きく成長しました。心にもだいぶ余裕がうまれ日本の生活も楽しみになったのを今でも覚えています。退職して少し休んだら、自分のやりたいことに向かって挑戦することを勧めます。せっかく退職しても、だらだら過ごしてしまうとまた同じ道に戻りかねないので、小さなことから新しい挑戦を...。

 

看護師で悩むことが多いかもしれませんが、一度世界を変えてみるのも悪くありませんよ。もし自分のなかで気になっていることがあれば、自分に正直になってみてください。たとえやめても、人生が終わるわけではありません。むしろ明るい未来に近づくチャンスの予感...。